トップページ > MR認定試験の受験資格


■ MR認定試験の受験資格

MR認定試験を行っている医薬情報担当者教育センターによると、MR認定試験の受験資格は、「医薬情報担当者教育研修要綱に定める研修課程を修了し、認定を受けた者。」となっております。この医薬情報担当者教育研修要綱については、http://www.mre.or.jp/mr_education/outline.phpに掲載されています。

簡単に解説すると、医薬情報担当者教育センターの定めた基準以上の研修を行い、その研修を受けた者であれば、誰でも受験資格があるという事になります。医薬情報担当者教育センターが定める基準は時間にして300時間にもなります。研修は、自社で全て行う場合と、一部を外部に委託して行う場合があります。外部で行う場合は、何社か共同で行います。

つまり、製薬会社にMR職として入社できれば、年齢や学歴などは全く関係なく誰でも受けられるということになります。

>> もっと詳しい情報を知りたい方は、こちらをクリック