トップページ > MR認定試験


■ MR認定試験とは?

MR認定試験とは、MRとして最低限知っておいた方がいい知識について確認する試験です。MR財団法人医薬情報担当者教育センターによって行われています。MR認定試験に合格すると、MR認定証をもらう事ができます。

MRの仕事は資格制ではないので、MR認定証が無くてもMRの仕事をする事ができます。しかし、ほとんどのMRがMR認定試験を受け、MR認定証を持っています。ほぼ全ての製薬会社が、全MRの受験を申し込んでいるからです。そのため、MRを目指すのであれば、避けて通れない試験になります。

このMR認定試験は、毎年12月に行われています。通常は4月に入社して、製薬会社で半年以上の研修を受けてから受験する事になります。中途採用の場合は、間に合えば直近の12月に試験を受けて、間に合わなければ翌年に受ける事になります。

このコーナーでは、MR認定試験について、受験資格から合格率、試験範囲まで詳しくご紹介いたします。

 

MR認定試験の受験資格

MR認定試験の合格率

MR認定試験の試験範囲

MR認定試験の予想問題

MR認定資格